ひとつ、ひとつ…       お悩み解決。自信回復。


by escape_from
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

愛おしい…

b0040366_21301214.jpg


ピアノの森 11巻/一色まこと

待ちに待ったピアノの森、最新刊。
今巻の主役は便所姫こと丸山誉子。
彼女は、子供の頃に出会ったカイのピアノに恋し
カイに再び会うために腱鞘炎になってもピアノを続けていた。

コンクールを絶対に辞退しないと言い張る誉子。
誉子を救うにはどうするのが一番良いか悩む司馬先生。
司馬先生のピアノ教室のシーンは
ほのぼのしてるけど、誉子に与えたものは大きかったんじゃないかな。

そして、カイと誉子の再会。
もう涙、涙です。
カイの演奏には、はかりしれない力がある。
ページを開くのが怖くなるくらい。
漫画なのに、カイが奏でるピアノの音が聞こえる気がするんです。
すごい。とにかくすごい。
一色さんの描写力は、ヤヴァイっすわ(笑)

マリアの時の癖で、つい振りがでかくなってしまう
カイがかわいい( ̄▽ ̄)
しかし、佐賀先生はカイの演奏を聴いても
マリアだと分からなかったのは以外。
カイが成長してるってことなのかな。
否、マリアの見た目にメロメロなただのおっさんだからか(笑)

阿字野に会った時の佐賀先生と司馬先生の表情が
なんともいえぬ(笑)

背が伸びて、すっかりイケメンに成長したカイだけど
誉子との会話では子供の頃のように天真爛漫。

これからカイはどのように成長していくのか。
どれだけ私を奮えさせてくれるのか。
楽しみでしょうがない。
ぜひ、普段漫画読まない人にも読んでいただきたいです。
[PR]
by escape_from | 2005-12-29 21:30 | 漫画