ひとつ、ひとつ…       お悩み解決。自信回復。


by escape_from
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2005年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

さよなら2005

気がつけば二週間ブログ更新してなかった…

気がつけばあと2日で今年が終わる…

気がつけば体重が1.5キロ増えてる…


時間は止まってくれない。
1日は24時間。
それは、不変のものなのに
早く感じたり、遅く感じたりする。

私にとって、今年は前進どころか
停止、否、後退したといっていいほど
実りある一年ではありませんでした。

それは、自分の目指すものについてのこと。
不安にかられるばかりで、自信というものが日々なくなる。

誰かに自信を奪われたわけではない。
自ら自信を失っていた。

このまま、2006年を迎えることに
なるかもしれないと思っていたが
ある出来事がきっかけで、今までの弱気な気持ちが
一気に吹き飛び
もう一度、原点に戻り、チャレンジする勇気を手に入れることができた。

ほんとに些細なこと。
自分の気持ちの持ちようなのかもしれない。
けれど、私には大きな一歩となる。

今、私は来年、その先の自分に希望を持っている。

絶対、夢をかなえる。





更新してなかったと思ったら
いきなり、決心状みたいなの更新して
なんなんだってかんじですね。
ま、来年がんばりますって話です(笑)

今年は何があったかな~
神宮に今までで一番応援に行けたし
ブログでスワファンの方々と知り合えたし
良い音楽や漫画に出会えたし
今までと違った世界を少しだけど覗けたし
なにより健康に一年過ごせたし

なんだ、私って幸せなんじゃないの?(笑)

ってなわけで(どんなわけだ)明日、実家に帰ります。
なので、また更新できないかも( ̄▽ ̄)
一応実家にもPCあるのでやたら遅い回線を駆使し
できたら、香川のお雑煮紹介や初詣紹介をしたいと思います。

先日、頭のネジがおかしくなり一日で
漫画5冊、CD4枚購入したので
そのレビューもしたいですな。

わぁ、やることいっぱい♪

でわでわ、みなさま良いお年を゚+。:.゚ヽ(*´∀‘)ノ゚.:。+゚
[PR]
by escape_from | 2005-12-29 22:36 | 日常

愛おしい…

b0040366_21301214.jpg


ピアノの森 11巻/一色まこと

待ちに待ったピアノの森、最新刊。
今巻の主役は便所姫こと丸山誉子。
彼女は、子供の頃に出会ったカイのピアノに恋し
カイに再び会うために腱鞘炎になってもピアノを続けていた。

コンクールを絶対に辞退しないと言い張る誉子。
誉子を救うにはどうするのが一番良いか悩む司馬先生。
司馬先生のピアノ教室のシーンは
ほのぼのしてるけど、誉子に与えたものは大きかったんじゃないかな。

そして、カイと誉子の再会。
もう涙、涙です。
カイの演奏には、はかりしれない力がある。
ページを開くのが怖くなるくらい。
漫画なのに、カイが奏でるピアノの音が聞こえる気がするんです。
すごい。とにかくすごい。
一色さんの描写力は、ヤヴァイっすわ(笑)

マリアの時の癖で、つい振りがでかくなってしまう
カイがかわいい( ̄▽ ̄)
しかし、佐賀先生はカイの演奏を聴いても
マリアだと分からなかったのは以外。
カイが成長してるってことなのかな。
否、マリアの見た目にメロメロなただのおっさんだからか(笑)

阿字野に会った時の佐賀先生と司馬先生の表情が
なんともいえぬ(笑)

背が伸びて、すっかりイケメンに成長したカイだけど
誉子との会話では子供の頃のように天真爛漫。

これからカイはどのように成長していくのか。
どれだけ私を奮えさせてくれるのか。
楽しみでしょうがない。
ぜひ、普段漫画読まない人にも読んでいただきたいです。
[PR]
by escape_from | 2005-12-29 21:30 | 漫画

あんた最高だよ…

b0040366_21503443.jpg

ディアマイン 全4巻/高尾 滋

  ―母子家庭で育った女子高生、倉田咲十子(さとこ)の前に、
  突然現れた10歳の少年、和久寺風茉(ふうま)。
  彼は、その歳で、大財閥の社長をつとめる超エリート。
  さらに、咲十子の許婚だという…。

  母子ともに和久寺家に同居することになった咲十子は、だんだんと年下の風
  茉の優しさにひかれてゆく。―

も~う!胸キュン!キュン死に!の連続ですよ!
とにかく風茉くんがカッコイイ(≧∇≦)ノ彡
意地っ張りなんだけど、ホントはすっごく純粋で…まっすぐで…。
咲十子を見つめる顔なんてセクシーすぎます(笑)
キュン死にさせられた数は、いざ知れず…。

中でも、2巻でばーさん(正真正銘のキッチンガーイw)に
『別れなサーイ!』と一方的に言われた時。
咲十子の『イヤです。』の一言を聞いて

風茉くんが…

『俺っ…咲十子が好きなんだ…!好きなんだ好きなんだ好きなんだ

好きなんだ好きなんだよっ











(*´Д`*)










これがいい大人の男性だったらちょっと引くかもしれんですよ(笑)
微妙にストーカーちっくな行動するし( ̄ー ̄)
10歳の少年だから、風茉くんだから良いのかな。

他の登場人物も個性豊かで、それぞれの気持ちを大事にしています。
絵もそうなんですが、全体的にふわふわとしていて
読んでて優しい気持ちになります。
[PR]
by escape_from | 2005-12-14 21:53 | 漫画

ムッ・フッ・フゥ~♪

b0040366_22101142.jpg


行ってきました~♪
古田敦也選手兼監督 サイン会@紀伊国屋書店

出発前服選んでる時、今日はなんだか短パンが穿きたかったので
短パンをチョイス。
しかし、素足に短パンじゃ寒すぎる。

よしっ!スパッツを穿こう!
しゅるっと取り出したは、紫色のスパッツ。
今まで、何度となく穿いていたスパッツなんですが…
今日、改めて見てみると










摩邪にしか見えない_| ̄|○










ナウい(古っ!)っちゃ~ナウいけど
私のポリシーに合わないので、花柄に変えました。
花柄も若干違和感アリ(笑)

んな、こんなで紀伊国屋に到着!
11時までに集合ということだったので
開始時間が始まるのかな~と思ってたんですが
予定通り12時からとのこと。

むへ~(;´Д`)
でも、友達と喋ってたら案外早く過ぎていきました。

そして、さくさくと列が進んで行き…

引換券と本を交換…。

近づくサイン部屋(古田の部屋、笑)…。

聞こえてくる笑い声…。

お次の方どうぞ~♪
と、言われサイン部屋(古田の部屋)に入ると
そこに古田さん(部屋主)がっ!!!





おおっふ…(*´Д`*)





球場で見るお姿とは違いますが、やはりカコエエ…♪

んで、私の番にっ!!
何か話さな!話さな!
と思って、喋ったこと…


『と、友達がはは、発掘した昔のビデオに、生、生、生ダラでフフ古田さんが
ジュリアナしてるのが映ってましたぁぁぁ』
(けっこう忠実再現)


うわぁ~私、めっちゃヤヴァイ子やわぁぁぁと思っていたら
古田さんが
『うおっ!そんな古いのがまだあるんや~。世に広めんといてや~。』
(すんげぇ曖昧再現)と仰ってくれました!

その後、私はただただニヤニヤ、ニマニマしてしまい(おかしな子や)
握手をしてもらって
『頑張ってください!』というのが精一杯でした。

いや…ねぇ…頑張ってくださいって…この会話で頑張ってくださいって…
何を頑張るんやって話ですよ(笑)

オソロシヤ…オソロシヤ…


ま、でもマイハニーリグの時よりは言葉を発することが出来たので
成長したのではないでしょうか( ̄▽ ̄)

少しの時間でしたが幸せなひと時を過ごすことができました♪
古田さんありがとうございました。
頑張って、ジュリアナ映像を世に広めたいと思います(爆)

b0040366_22492354.jpg


そしてお次は…
[PR]
by escape_from | 2005-12-11 23:14 | ヤクルトスワローズ
最近、アイツに夢中なのさ♪

そう…アイツとは



小松菜くん。



出会いは、実家から送られてきたダンボールの中。
私は、てっきりほうれん草だと思ってて
湯がいて食べました。

そしたらなんとまあ!
シャキシャキとステキな歯ごたえ!
こりゃあ美味い!と
早速、おかんにこの緑の物体の正体を聞く。

『ありゃ~小松菜やで~』

小松菜かぁ♪♪♪
今までそんなに食べたことなかったからかなぁ…
運命の出会いみたいに感じて
ここのところスーパーで見かける度に家に呼んでます(笑)

好きな食べ方は、豚肉と卵と一緒に炒めたやつ。
味付けは、塩とこしょうだけ。
ごはん何杯も食べてしまう!
野菜やしヘルシーや!とか言いながら
白飯食べ過ぎたら意味ないやん…( ̄ー ̄)
ま、食欲の冬やし♪(いつでもそう、笑)




b0040366_21165056.jpg

               嗚呼…この中に埋もれたい(*´Д`)
[PR]
by escape_from | 2005-12-09 21:30 | 日常

雲のむこう、約束の場所

b0040366_21342762.jpg

          あの遠い日に僕達は、かなえられない約束をした。


―日本が南北に分断された、もう一つの戦後の世界。
米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキと白川タクヤは、
同級生の沢渡サユリに憧れていた。
彼らの瞳が見つめる先は彼女と、そしてもうひとつ。
津軽海峡を走る国境線の向こう側、
ユニオン占領下の北海道に建設された、謎の巨大な「塔」。
いつか自分たちの力であの「塔」まで飛ぼうと、小型飛行機を組み立てる二人。

だが中学三年の夏、サユリは突然、東京に転校してしまう…。―


ずっと見たい見たいと思っていながら、未見でしたが
BS2で放送してくれました!

前作『ほしのこえ』で、一躍アニメ界の注目を浴びた
新海誠監督の最新作。

凄ぇっ!
前作以上の映像美にただただうっとり(*´Д`*)
『空』と『光』の描写がうまく、印象に残ります。

青空 夕空 曇り空

日常の一コマである風景が特別なものに感じてしまう
ほど美しいです。

物語は、一度見ただけではちょっと理解しずらいかな…。
SFと青春の融合(?)
二度、三度と見る度にするめみたいに(笑)理解できるのかも^^;

キーワードである『約束』について
自分なりに色々考えることがありました。
約束が励みにもなり、重荷にもなる。
難しい…。

主人公二人の声は、吉岡秀隆さんと萩原聖人さん。
基本アニメの声は声優さんがやった方がいいと思う派なんですが
このアニメには、声優さんとは違うお二人の芝居が合ってると思いました。

朴訥とした純くんの声で語られるモノローグが
心に訴えかけるものがありました。

私なりに一言でこの作品を表すとすれば…
『郷愁』
でしょうか。
おあとがよろしいようで…(笑)
[PR]
by escape_from | 2005-12-08 22:17 | 映画

これは珠玉です

b0040366_22254498.jpg

夏目友人帳 1巻/緑川ゆき

幼い頃から妖怪が見えた少年・夏目。
両親を早くに失い、人と違う能力を持っていたがために
親戚中をたらいまわしにされていた。

彼の祖母・レイコもまた妖怪が見え、さみしい人生を送っていた。
レイコは生前、人とうまく付き合えなかった憂さ晴らしに(ひどい;)
見かける妖怪達にかたっぱしから勝負を挑んだ。
そして、相手を打ち負かしては子分になるように
約束として紙に名前を書かせた。
それを集めたものが『友人帳』である。

夏目がレイコの遺品である『友人帳』を手にしてからというもの
以前は、ただ見えるだけだった妖怪に襲われるようになった。
なぜなら、『友人帳』を持ってる者に名前を呼ばれ命令されると逆らえないので
妖怪達がこぞって名前を返してほしくてやってくるのだ。

夏目は、妖怪達に名前を返していくことを決心する。

妖怪というと、怖い、気持ち悪いモノ
っていう思いがあるけど
これに登場する妖怪達は、すっごく愛しいんです。

優しくて、人が好きで…。
でも、その心には寂しく、切ない想いを
秘めていて…。

純粋で、儚くて、切ない物語
読んでてホロリ…ときます。
感動とか、そういうのじゃなくて
胸が詰まるかんじ。

中でも、第4話はやばかったぁ。・゚・(ノД`)
最後、彼女(妖怪)の笑顔を見た瞬間
涙が溢れました。

笑いも多く含まれていて、キャラもとっても魅力的!
祠の結界を解いたことで、まとわりつくようになった
ニャンコ先生(自称用心棒)がすっごくかわいいっ!
見た目は、招き猫(笑)
けど、本物の姿は優美(これも自称、笑)
夏目との掛け合いがおもしろいです。
猫じゃらしで遊んでる姿や夏目にぶたれるところがたまりません♪

三話に出てきた中級コンビもステキ。
また出てきてほしいですわ~♪

読んだ後、心が温まります。
ぜひ読んでいただきたい作品です。
[PR]
by escape_from | 2005-12-05 22:28 | 漫画

うちに来てほしい~

b0040366_2148922.jpg

ずっと気になってたけど、漫画にしては値段高くて手が出せなかったもの…

きょうの猫村さん 1巻/ほしよりこ

なんでもっと早く買わなかったんだろう…と思うくらい
ツボにハマりました!
CATV向けのネットサービスサイト(会員限定)@NET HOME
毎日一コマずつ更新されるものを漫画本としてまとめたもの。

うちは、ケーブル入ってるんですけど会員登録とか別にしなきゃ
見れないと思ってて漫画買ったんですけど
なんにもしないでも見れることが後日発覚しました^^;

主人公は猫村ねこさん。
彼女(たぶん)は、猫なのに家政婦。
炊事、洗濯、掃除なんでもこなしちゃいます。
周りの人間達も、普通に彼女を受け入れてて
一緒にご飯食べたり、TV見たり(笑)
しかも、猫村さんのマッサージは最高!らしい。
(すげぇやってもらいたいっ!)

奉公先の不良な子供を本気で心配したり…
人間よりも人間味あふれる猫さんです。

得意料理は特製ネコムライス(食べたいっ!)

たまに猫の習性が出てくるところがかわいい♪
爪とぎしたり、ゴロゴロしたり、びっくりすると
毛が逆立ったり、猫舌だったりw
かと思いきや、シャンプーハットかぶって
頭洗ったり(笑)

猫村さんは、とっても表情豊か。
それが、めちゃめちゃかわいい♪
ごはんつぶいっぱいつけて爆睡してるところなんか
たまりませんっ!

猫村さんがいつもしてるエプロンは大好きなぼっちゃんに
もらったもの。
『NECO』の名前刺繍入り。
そして、紐は常にたてむすび(笑)
猫村さんの見てるTVドラマ『泣き虫刑事』
いいわ~コレ。初回から見てみたい。

鉛筆書きでシンプルな絵柄が猫村さんの雰囲気に合ってて
すごく良い。
ほのぼのしてて、大笑いじゃなくて
ムフフ…ってかんじ( ̄ー ̄)

ネットで見れるけど、2巻も出たら買うだろうなぁ。
犬好きだけど、猫株が急上昇です♪
[PR]
by escape_from | 2005-12-03 21:50 | 漫画

きゅんってなるね

b0040366_1559285.jpg

潔く柔く 2巻/いくえみ綾

1巻で生物教師として登場した梶間の過去のお話と
仲良し4人組だったハルタ、カンナ、マヤ、朝美の
マヤが大学生になったお話。

まずは、梶間編。
梶間…変わってないね。
ってか、こういう人間なのよね。
ノーメン(能面)、冷血人間

私は、基本熱血人間が好きなんですが
梶間は違いましたわ。
(瑞希が好きだった先生とか絶対、私も好きになるw)
たまに見せる笑顔とか、ちょっと意地っ張りなとことか…。
最後に、仮面が剥がれて自分の気持ちを吐きだす
ところなんかたまりません!
そのギャップにメロリンQですよ(笑)
ここだけタメ語なのも笑える。

このお話はこれで終わりかな。
うん。とっても良い終わり方だと思います。
希望でつながった二人の幸せを祈ります♪


そして、マヤ編。
高校時代、親友のハルタから彼女(でもなかったような?)のカンナを略奪。
その後ハルタが事故で亡くなってから
カンナともダメになり、それから色々
遊んだりしたけれど
マヤは、誰にも本気になれなくなっていた。

同じ大学の永友亜衣と、マヤの出会いは
最悪だった。
亜衣のアパートの隣の住人がマヤの友人で、
その友人がいない間
マヤがアパートにペット(金魚)の面倒を見にやってくるようになる。
そして亜衣は、マヤに惹かれはじめる。

ああ…マヤもクールでわけわかめな奴だけど
なにか気になるよねぇ…
私、好みが変わってきてんのかしら( ̄ー ̄)
いくえみの描く男の人は、どこにでもいそうでいない。
そこが惹かれるポイントですね。

んで、お話はマヤのバイト先に亜衣が遊びに行った時
ずっと連絡をとっていなかったカンナが偶然現れる。
ってとこで終わってる~!!


むちゃくちゃ気になるやんけ~ヽщ(゜Д゜щ)


次、いつ出るんだろ…はぅわぁぁぁ…
[PR]
by escape_from | 2005-12-01 16:03 | 漫画

待ってました!

b0040366_1593658.jpg

ここのところブログさぼりがちで、どしどし未レビューの漫画が
増えております…。
さ、師走になったことだし!ガツガツいきますぜ!


おおきく振りかぶって 5巻/ひぐちアサ

表紙は、栄口、巣山、沖の内野トリオ♪

夏の大会初戦。桐青戦が始まりました。
西浦高校にとっても初の(硬式)高校野球の夏大会。
それでも、200人も応援集めれるってのはすごいなぁ。
ハマちゃん率いる応援団にも注目です!

初戦ということで、去年の甲子園出場校である
桐青も緊張気味。
特に、投手の準太は2年ということもあって
あがってる!
初回から西浦にチャンスがやってくる。
4番・田島がまだ本領発揮できてないけど
やっぱかっこいいわ~。
野球に関しては、緻密にゲンミツに…。
モーション盗んで花井に単独スチール
させるところなんか圧巻ですわ。
この時の花井の顔がウケる(笑)

2回に三橋が一塁駆け抜けて
ゴロゴロ転がった時の
阿部の心配&怒りもおもろい。
その後、1、2塁間で挟まれた三橋の顔は
準太じゃないけど、尾を引きずるおもしろさ(笑)
ま、挟まれたおかげで先取点をとることができたんだけど。

4番、青木~(宣親じゃないですよw)
ってところからアフタ購入しだしたので
すでに読んでたんですが
この時点では、桐青は本調子じゃなく、三橋は好調(怖いくらい)。

本誌アフタでも、桐青戦は続いてます。
次の6巻も全部桐青戦になるだろなぁ。
緊張感を保ったままの試合展開から
目が離せません!!

おまけでの服装の話に興味津々。
西浦は私服校の設定らしいんだけど、野球部員の
試合ある日の制服らしきものに…笑
花井…オヤジの喪服って( ̄▽ ̄)
大学でも運動部は制服があるくらいだから
私服となると大変だろうなぁ…。
私は、小・中・高と制服だったから
大学になって私服なのはうれしかったですわ♪
[PR]
by escape_from | 2005-12-01 15:11 | 漫画